塾探し お役立ち情報

中学生の塾(個別指導・集団)の年間費用まとめ

個別指導・集団|中学生の費用まとめ

塾通いを検討するうえで気になるTOP3に入るのが費用です。

ただ、ホームページなど見ても、年間でかかる費用をのせている塾はありません…授業料すらのせていない塾も多いですよね…。

特に中3になると受験対策などもあり、授業料以外にかかる費用がたくさんあります。

当然、受験直前になると子どものために無理をしてでもお金を払うというご家庭は多いかと思いますが、事前に年間でどの程度のお金がかかるか把握しておきたいですよね。

そこで、今回は個別指導塾(対面・映像授業)・集団塾にわけて、中3の1年間でかかる費用の目安を表にしてみました。

もちろん、塾によって授業料やオプションの金額に幅があるので費用は上下しますが、おおまかに把握にするには十分かと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。


<中3の教科数の
目安>

教科数と授業料は密接にかかわってくるので、まずは中3の一般的な教科数の目安をのせておきます。

中3は9月以降、部活動がないため教科数が増えるのが一般的です。

指導方法

前期(3月~7月)

後期(9月~2月)

個別(対面)

英数

5教科(英数対面+国理社映像)

個別(映像授業)

5教科

5教科

集団

5教科

5教科

※教科数は1教科~5教科で選択できます。
※個別(対面)では英数を対面・国理社を映像でおこなう塾が多いです。

<中3の費用一覧

個別指導では、1対2形式の対面と映像授業を活用した指導をおこなう当塾(早大ゼミナール)で比較します。

対面の授業料は1対1だと高く、1対3だと安くなります。ただ、一般的には1対2でおこなう塾が多いです。

また、映像授業を活用した塾は対面・集団よりも授業料が安くなります。

スマホでは表を左右⇔にスワイプできます。画面を横にすると見やすくなります。

中3費用

個別

集団

対面(1対2)

映像授業(早ゼミ)

標準クラス

入塾金

1~2万円

なし

1~2万円

諸経費(毎月)

3千円×12ヵ月

2,970円×11ヵ月

3千円×12ヵ月

授業料前期

3月~7月

英数:3万5千円
※1教科1万5千~2万円が目安

5教科:28,310円
※英数なら18,700円

5教科:3万円
※難関クラスは+5千~1万

授業料後期

9月~2月

5教科:4万5千円
※国理社が映像授業の場合

5教科:3万6千円

5教科:3万5千円
※難関クラスは+5千~1万

春期講習

英数:4万円
※1教科2万円が目安

英数国:20,680円
※理社は実施していません

5教科+オプション
4万円+2万~4万円

夏期講習

3~5教科:12~25万円
※1教科4~5万円が目安

5教科+夏期特訓

8万5千円+2万7千円

5教科+オプション
9万円+6万~10万円

冬期講習

5教科:10~15万円
※1教科2~3万円が目安

5教科+正月特訓
5万+2万9千円

5教科+オプション
5万円+3万~6万円

オプション

なし

公立過去問対策:1万円
※公立第一志望の生徒は必須

入試対策:3万円~8万

教材費

1冊1,500~2,000円
※1教科につき年間2~3冊

前期:5教科15,700円
後期:5教科1万円

前期:5教科2万円
後期:5教科2万円

テスト費

Vもぎ:1万3千円

Vもぎ:1万3千円

前期:1万5千円
後期:1万5千円


<中3の年間費用目安

個別 対面(1対2)

個別 映像授業(早ゼミ)

集団(標準クラス)

795,000円

611,900円

786,000円

※入塾金、教材費、テスト費は除いています。
※費用に幅がある場合は平均で算出しています。


みなさん、いかがでしたでしょうか?

個人的な感想としては、個別指導の対面がダントツで高くなると思っていましたが、総額では集団の費用が同じくらいの金額になり驚きました。

集団塾を検討する際はオプションに要注意ですね…。

費用面では映像授業を活用した塾が圧倒的に安いですが、それでも年間で50万~60万は必要です。

ちなみに、中1・2生の場合は年間で30~40万になる塾が多いと思います。

ぜひ、年間の費用をふまえて塾通いを検討してみてください。

-塾探し, お役立ち情報